SMMLab ソーシャルメディアマーケティングラボ

SMMLabはアライドアーキテクツが運営するSNSマーケティングに関する情報に特化したメディアです

  • follow us in feedly

(001)Facebook >【Facebookページを進化させるインサイト活用】その投稿、嫌がられていませんか?5つのステップで簡単!ネガティブフィードバック率の調べ方

【Facebookページを進化させるインサイト活用】その投稿、嫌がられていませんか?5つのステップで簡単!ネガティブフィードバック率の調べ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日: 2013年3月7日

Facebookページ投稿へのネガティブフィードバック率の調べ方をまとめてご紹介します!


自社のFacebookページの投稿についた「いいね!」やコメント、シェアの数、とっても気になりますよね。なかには、「それだけじゃなく、リーチ数も気にしているよ!」という方もいらっしゃると思います。どれも、ファンにしっかり投稿が届いたり、反応を得られたりと増えると嬉しいポジティブな数値ですよね。

一方で、どんな投稿が見た人に嫌がられているのかは確認していますか?増えていたら悲しい数値ですが、目をそむけずに把握することで、よりファンとの関係性をよくすることができるはずです!

今回は、“数字にこだわったFacebookページの運用”を提案するブログ「インサイトスコープ -数字から見えるFacebookのムコウ側」より、Facebookページ インサイトのデータを使って、投稿へのネガティブなフィードバック率を調べる方法をご紹介します。

*本記事は「インサイトスコープ -数字から見えるFacebookのムコウ側」からの転載です。(SMM Labにて一部編集してお届けします)

 

A question and exclamation mark of jigsaw puzzle pieces
A question and exclamation mark of jigsaw puzzle pieces / Horia Varlan

 

=======本記事のアジェンダ========
1.ネガティブフィードバック率とは?

2.データをダウンロードしよう

3.集計してみよう

4.読み取ってみよう

5.調べた後の活用法
========================

 

1.ネガティブフィードバック率とは?

 

ネガティブフィードバック率とは『どんな投稿が見た人に嫌がられているのか』を明らかにすることができる指標です。具体的には以下の数式で算出できます。

 

否定的な意見÷リーチ=ネガティブフィードバック率(※否定的な意見、リーチともにユニークユーザーの数)

 

否定的な意見とは、ニュースフィードからページ投稿を非表示にしたり、報告したりした人の数です。下のキャプチャにある4つの動作が該当します。

 

ネガティブフィードバック率 該当項目

 

2.データをダウンロードしよう

 

ではまず、集計するデータをFacebookインサイトからCSVでダウンロードしましょう。今回使うのは『投稿レベルのデータ』です。集計したい期間を指定してダウンロードしてください。

 

投稿レベルのデータ

 

3.集計してみよう

 

使用するのはシート『主要データ』の『通算 投稿の合計リーチ』と『通算 否定的な意見』の列です。

ネガティブフィードバック率 調べ方

 

以下からは、わかりやすく必要な列のみ残して集計していきます。「否定的な意見÷リーチ」の数式を入れてネガティブフィードバック率を出してみましょう。

ネガティブフィードバック率 調べ方

 

4.読み取ってみよう

 

最後に、ネガティブフィードバック率が高い順に並べてみます。

 

ネガティブフィードバック率 調べ方 傾向

 

どういった投稿が嫌がられる傾向にあるのかが見えてきませんか?ちなみに、弊社の場合ですと宣伝色の強いものやページのテーマと関係ないものなどがネガティブフィードバック率が高い傾向にありました。

そして、大切なのはできるだけエクセル上ではなく、投稿そのものを見て「何が原因か」を考えることです。意外と添付した画像が原因だったりする可能性もあるのです。

同時に、注意したいことは広告に使用した投稿は除外することです。なぜなら、広告に使用した投稿は表示を望まないユーザーの目にさらされるため、必然的に否定的な意見をする人の率も高くなるからです。

 

5.調べた後の活用法

 

原因の仮説を立てたら、今後の投稿内容に反映させていきましょう。私の場合であれば、文章の書き出しの宣伝色を薄くする、テーマとは関係のない投稿は避ける、などです。

このように、ネガティブな意見にも耳を傾け、PDCAをまわしていくことでよりファンとの関係性をよくなるはずです!ぜひ試してみてくださいね。

 

 

<記事引用元>

インサイトスコープ
・インサイトスコープ 数字から見えるFacebookのムコウ側 http://www.insight-scope.com/
・インサイトスコープ(FBページ) https://www.facebook.com/insight.scope.jp

 

■関連記事

・今すぐ使える! 7つの投稿アイディアでFacebookページのエンゲージメントを高めよう
http://smmlab.jp/?p=6905

・Facebookインサイトから知る!クチコミを生み出すウォール投稿記事とは?
http://smmlab.jp/?p=11013

・【保存版】Facebookページ インサイト機能 徹底活用!~画面説明・用語解説編~
http://smmlab.jp/?p=9679

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • Facebookマーケの基礎を知りたい!
  • Facebook運用のヒントが欲しい!
  • 他社のFacebook運用事例が知りたい!
  • キャンペーン事例が知りたい!

Facebook広告ノウハウ特集

ソーシャルメディアキャンペーンモニプラならなんでもできます

エンゲージメントから『成果』を生み出すモニプラ SNSプロモーション総合支援プラットフォーム

あわせて読みたい関連記事

おすすめの関連記事

人気記事

最新記事

カテゴリー

月別記事一覧



▲ PAGE TOP

ソーシャルメディアマーケティングラボとは

ソーシャルメディアマーケティングラボでは、Facebookを中心に、ソーシャルメディアマーケティングに関する国内外のニュースや、弊社が実際に手がけた事例の具体的なデータ・運用のヒント、業界のオピニオンリーダーや企業マーケターへのインタビューなどをご紹介します。

運営元

アライドアーキテクツ株式会社

ソーシャルネットの力をすべての人と企業に。
ひとりひとりが個性をいかして輝いた人生を送る。
そんな世界の実現に貢献します。
アライドアーキテクツ株式会社

Copyright © 2011-2015 Allied Architects, Inc. All Rights Reserved.
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.