SMMLab ソーシャルメディアマーケティングラボ

SMMLabはアライドアーキテクツが運営するSNSマーケティングに関する情報に特化したメディアです

  • follow us in feedly

(001)Facebook >Facebookのアイコンやロゴを使いたい!成功するFacebookページ運用のために知っておきたいFacebook関連知識

Facebookのアイコンやロゴを使いたい!成功するFacebookページ運用のために知っておきたいFacebook関連知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日: 2013年7月11日

Facebookのアイコンやロゴを使うには?
Facebookページの担当になった新人マーケターのあゆみちゃんと一緒に、 実際に運用してみると意外に曖昧なFacebook関連知識を再確認して、Facebookページの運用成果を向上させましょう。

 

今さら聞けないFacebook関連用語解説 ブランドロゴ・アイコン使用規定
あらいあゆみプロフィール

 

 

Facebookブランド素材

“青い四角形に白抜きf”のアイコンに代表されるFacebookを表すマークや親指を立てた「いいね!」マーク、「Facebook」というサービス名称など、Facebookが公式に提供しているものを「Facebookブランド素材」といいます。

自社のサイト上や印刷物でFacebookページの存在を知らせるために、これらFacebookブランド素材を使用する企業が増えていますが、利用に際してはいくつか規約があるので注意しましょう。

 

 

Facebookブランド素材を使うには

利用可能なFacebookブランド素材と利用に関するガイドラインは、「Using Facebook Brand Assets (英語)」から確認、ダウンロードできます。

すっかりお馴染みとなった”fマーク”をはじめとしたいくつかの素材が、PNG、AIなど4つの形式でダウンロードでき、ガイドラインに準拠すれば自由に使えます。

特に注意しておきたいのが、このページではいちばん右にあるすべて小文字表記のロゴは、特別な許可がない限り使用できないということ。ここを見落としているのか、ロゴをそのまま印刷したショップカードや名刺を見たこともありますが、もしも勝手に使っているのなら厳密にはそれらは規約違反です…!何らかの事情でこのロゴを使いたい場合は、Facebook社に問い合わせる必要があります。

 

 

Facebookブランド素材使用時の注意点

Facebookブランド素材を使う際に、承認されること/されないことが定義されています。Facebook広告やプロモーションにおいてFacebookブランド素材を使いたい場合は、そもそものFacebook利用規約Facebookページ利用規約、またFacebook広告ガイドラインプロモーションガイドラインへの準拠が大前提ですが、特にブランド素材に関しては以下のような決まりがあります。

 

○(承認されること):

・Facebookブランド素材に文字や画像がかぶらないように表示すること

・ブランド素材を使用して告知するものが、その製品やサービス自体と関連していること。

※ただし、CMやテレビ番組、映画など「放送」に関わるコンテンツにおいてFacebookブランド素材を使用する際は、Facebook社に事前の許可が必要

 

×(承認されないこと):

・ブランド素材のデザインや色を加工して使用すること(ただし、印刷物や製品パッケージにおいて、何らかの技術的な理由で正しい色を使用できない場合に限り、ロゴを白/黒に戻すことができる)

・ブランド許可センター以外から得たマークやアイコンを使用すること

・Facebookが製品やサービスを支持していることを暗示したり、Facebookとのパートナーシップを不正に暗示すること

・Tシャツやマグカップにfマークを印刷して販売するなど、マークやアイコン自体を商業目的に利用すること

 

その他注意点:

・Facebookに関して、文字(テキスト)として言及する時はFacebookの「F」マークを大文字にしなければならない

・「Facebook」というテキストを複数形や動詞として用いてはならない

・本来「Facebook」とテキスト表示すべきところにロゴマークを用いてはならない

・アプリ中にFacebookの商標を使用したり、Facebookとの提携やFacebookによる支持を明示または暗示することはできない(プラットフォームポリシーとプロモーションチェックリストに明記)

 

※さらに詳しいことは、「Using Facebook Brand Assets」 および、「Facebookブランドの使用」をご参照ください。

 

 

「Facebookブランド素材」活用例

・自社がFacebookアカウントを持っていることをサイト上で告知

 

・パンフレット、店頭ポップ、名刺などに印刷してFacebookページを告知

 

 

「Facebookページを知ってもらおう!」というとFacebook広告を出すなど、Facebook内での認知を広げることに目が行きがちですが、オフラインの場で接している「既存顧客」にファンになってもらうこともとても大切です!

特にFacebookページを開設したばかりの場合は、Facebookブランド素材を上手く活用して、ありとあらゆる顧客接点でページの存在をお知らせし、ページを活性化させましょう。

 

 

■関連記事

・要注意!Facebookキャンペーンで陥りがちな【規約違反】6つの典型パターン ~Facebook規約関連リンクまとめ付~
http://smmlab.jp/?p=11790

・ビジネス用Facebookページを始める前に必ず確認しておきたい!Facebookに特有な3つのこと
http://smmlab.jp/?p=67

・Facebookページを開設したのは良いけど…何を投稿したら良いの?! 日々の運用に役立つ10の投稿TIPS集
http://smmlab.jp/?p=19458

[ayumikeywords_bnr_under]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • Facebookマーケの基礎を知りたい!
  • Facebook運用のヒントが欲しい!
  • 他社のFacebook運用事例が知りたい!
  • キャンペーン事例が知りたい!

パワーエディター手動マニュアル

FacebookユーザーのSNS利用実態調査

エンゲージメントから『成果』を生み出すモニプラ SNSプロモーション総合支援プラットフォーム

あわせて読みたい関連記事

おすすめの関連記事

人気記事

最新記事

カテゴリー

月別記事一覧



▲ PAGE TOP

ソーシャルメディアマーケティングラボとは

ソーシャルメディアマーケティングラボでは、Facebookを中心に、ソーシャルメディアマーケティングに関する国内外のニュースや、弊社が実際に手がけた事例の具体的なデータ・運用のヒント、業界のオピニオンリーダーや企業マーケターへのインタビューなどをご紹介します。

運営元

アライドアーキテクツ株式会社

ソーシャルネットの力をすべての人と企業に。
ひとりひとりが個性をいかして輝いた人生を送る。
そんな世界の実現に貢献します。
アライドアーキテクツ株式会社

Copyright © 2011-2015 Allied Architects, Inc. All Rights Reserved.
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.