SMMLab ソーシャルメディアマーケティングラボ

SMMLabはアライドアーキテクツが運営するSNSマーケティングに関する情報に特化したメディアです

  • follow us in feedly

(001)Facebook >Facebookページ運用 >Facebookページの投稿はいつにすればいいの?5つのステップで簡単!インサイトを使って最適な投稿時間を調べる方法

Facebookページの投稿はいつにすればいいの?5つのステップで簡単!インサイトを使って最適な投稿時間を調べる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日: 2013年2月4日

Facebookページの投稿は何時にすればいいの?いつ投稿すれば、できるだけ多くの人に見てもらえる?Facebookインサイト機能を利用し、最適な投稿時間を調べる方法をご紹介します。

 

時間をかけて考えた投稿記事、少しでも多くの人に見てもらいたい!と思うのはFacebookページ運営者共通の想いですよね。

当然、投稿の時間帯についてもより多くのファンに見てもらえる時間を選んで投稿したいですよね。でも、それって何時なんだろう?何となく感覚でこの時間に投稿すると記事を見た人が多いなとか、いいね!がつくなと思っていても、正確に把握したことありますか?

今回は、“数字にこだわったFacebookページの運用”を提案するブログ「インサイトスコープ -数字から見えるFacebookのムコウ側」より、Facebookページ インサイトのデータを使って、あなたのページのファンに記事を見てもらえる投稿時間を調べる方法をご紹介します。

*本記事は「インサイトスコープ -数字から見えるFacebookのムコウ側」からの転載です。(SMM Labにて一部編集してお届けします)

 

Time is ticking out.
Time is ticking out. / mao_lini

 

=======本記事のアジェンダ========

1.投稿がファンにどれだけリーチしたのか

2.データをダウンロードしよう

3.集計してみよう

4.読み取ってみよう

5.実は一番重要!調べる前の準備と調べた後の活用法

========================

 

1.投稿がファンにどれだけリーチしたのか

 

あなたの投稿がファンにどれだけリーチしたのか(ファンのリーチ率)は以下の数式で算出できます。

ファンへのリーチ数÷ファン数=リーチ率

これを投稿した時間別で集計していき、リーチ率の高い時間帯が最も多くのファンに投稿記事を見てもらえる投稿時間、ということになります。

 

2.データをダウンロードしよう

 

ではまず、集計するデータをFacebookインサイトからCSVでダウンロードしましょう。

 

インサイト データ

今回使うのは

・ページレベルのデータ

・投稿レベルのデータ

の2つです。

 

ともに、集計したい期間を指定してダウンロードしてみましょう。

ちなみに、使用言語を日本語設定でダウンロードしようとするとファイルが破損したりすることがあるので、言語を英語に変更することをおすすめします。では、次からは私も英語でダウンロードしたものを使って集計していきたいと思います。

 

3.集計してみよう

 

使うデータは以下の2つだけなのでカンタンです。

・Lifetime Total Likes(ファイル『ページレベルのデータ』シート「Key metrics」のH列)

・Lifetime Post Reach by people who like your Page(ファイル『投稿レベルのデータ』シート「Key metrics」のW列)

これらを日にちで照合し、時間別に集計していくだけです。

 

こちらはすでに日にちで照合したシートになりますが、まずはこのように①投稿した日②投稿時間③投稿のファンへのリーチ数(Lifetime Post Reach by people who like your Page)④投稿日のファン数(Lifetime Total Likes)を一覧にしたシートを作成しましょう。

インサイト データ

それから時間別に合計していきます。時間別に合計したら「ファンへのリーチ数(Lifetime Post Reach by people who like your Page)÷ファン数(Lifetime Total Likes)」でリーチ率を出せばいいのです。

 

ここで注意したいのは時間と投稿本数の2点です。

まずは時間ですがダウンロードしたデータは日本時間ではないので、日本時間になおす必要があります。しかもサマータイムを考えると「3月の第2日曜日~11月の第1日曜日は16時間、それ以外の期間は17時間」を足し合わせる必要があります。

 

投稿本数は、投稿の時間帯に片寄りがある場合に気を付けたいということです。特に1本しか実績がない時間帯があると正確な評価が難しいのです。

要は「たまたま」であった可能性もありますし、広告大量投下やキャンペーンなどにより投稿した時期のファン層と今のファン層が違う場合などは評価対象として見ず、参考程度に考えたほうがよいでしょう。

 

4.読み取ってみよう

 

前章で集計したデータを読み取りやすいようグラフ化してみました。一番左は平均の数値になります。赤い線は平均線。これより棒グラフが突き出ている時間帯は平均よりリーチ率が高い=最も多くのファンに投稿記事を見てもらえる投稿時間、ということになります。

インサイト データ

こちらのページの場合、リーチ率が高いのは午前10時、11時。夕方17時も3番目に高いことがわかります。10時、11時の投稿はランチタイムになってファンがFacebookを開いたときに表示されていることも考えられます。

さて、これはあくまでも例に挙げたこちらのページのファンが投稿を見ている時間帯の傾向です。当然ターゲットが違えば、最適な投稿時間も異なります。ですので、ぜひあなたのページのデータで集計してみてくださいね。

 

5.実は一番重要!調べる前の準備と調べた後の活用法

 

一番はじめの話に戻りましょう。そもそも、今回は投稿を多くの人に見てもらうというのが目的で時間を調べていたのですよね。ですので、リーチ率が高い=より多くのファンに見てもらえる投稿時間がわかったら、その時間に投稿するようにしてみましょう。今は予約投稿があるので、深夜でも休日でも事前にセットしておき、希望の時間に配信することが可能です。

そして、リーチ率が高い投稿時間を調べるにはバランスよく色々な時間帯に投稿をしてデータを溜めなければいけません。ですので、今まで特定の時間帯にばかり集中して投稿してしまっていたという方は、まずは投稿の時間帯を変えてみるところから始めましょう。

「なんとなくターゲットをイメージするとこの時間帯がいいかな」と思っていても、データを見ると意外な結果が出てくるものです。感覚に頼らず、あなたのページのファンに見てもらえる時間をきちんと調べてみませんか?

 

<記事引用元>

インサイトスコープ

・インサイトスコープ 数字から見えるFacebookのムコウ側  http://www.insight-scope.com/
・インサイトスコープ(FBページ) https://www.facebook.com/insight.scope.jp

 

■関連記事
・【アンケート調査結果大公開!】ユーザーがFacebookを主に利用するシーンとデバイスは?図解で知る「ペルソナ別 Facebook利用実態」
http://smmlab.jp/?p=12023

・【アンケート調査結果大公開!】ユーザーは企業のFBページをどう見ている?~第2回Facebookユーザーの企業・ブランドFacebookページ利用実態調査~
http://smmlab.jp/?p=9341

・【保存版】Facebookページ インサイト機能 徹底活用!~画面説明・用語解説編~
http://smmlab.jp/?p=9679

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • Facebookマーケの基礎を知りたい!
  • Facebook運用のヒントが欲しい!
  • 他社のFacebook運用事例が知りたい!
  • キャンペーン事例が知りたい!

パワーエディター手動マニュアル

ソーシャルメディアキャンペーンモニプラならなんでもできます

エンゲージメントから『成果』を生み出すモニプラ SNSプロモーション総合支援プラットフォーム

あわせて読みたい関連記事

おすすめの関連記事

人気記事

最新記事

カテゴリー

月別記事一覧



▲ PAGE TOP

ソーシャルメディアマーケティングラボとは

ソーシャルメディアマーケティングラボでは、Facebookを中心に、ソーシャルメディアマーケティングに関する国内外のニュースや、弊社が実際に手がけた事例の具体的なデータ・運用のヒント、業界のオピニオンリーダーや企業マーケターへのインタビューなどをご紹介します。

運営元

アライドアーキテクツ株式会社

ソーシャルネットの力をすべての人と企業に。
ひとりひとりが個性をいかして輝いた人生を送る。
そんな世界の実現に貢献します。
アライドアーキテクツ株式会社

Copyright © 2011-2015 Allied Architects, Inc. All Rights Reserved.
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.