SMMLab ソーシャルメディアマーケティングラボ

SMMLabはアライドアーキテクツが運営するSNSマーケティングに関する情報に特化したメディアです

  • follow us in feedly

(001)Facebook >画像の表示サイズを把握してる?成功するFacebookページ運用のために知っておきたい関連知識

画像の表示サイズを把握してる?成功するFacebookページ運用のために知っておきたい関連知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日: 2013年10月3日

リンク投稿のサムネイル表示サイズの変更はもうチェックしましたか?反応率に関わる投稿時の画像サイズを確認!Facebookページの担当になった新人マーケターのあゆみちゃんと「画像サイズ」について一緒におさらいしましょう♪

※※※※※※※※※※※※※2014年6月追記※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

Facebookページ投稿画像のニュースフィード上での表示が画一的ではなくなっています。

詳しくはこちら↓をご参照ください!

「モバイル表示を要チェック!Facebookページ投稿画像ニュースフィードでの見え方の違いまとめ」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

エンゲージメントを左右する画像

企業Facebookページの投稿において、ユーザーが思わずいいね!、シェアしたくなる投稿のほとんどが画像付きではないでしょうか?
秒単位で更新されていくニュースフィードの中で、多くを語らずともユーザーを引きつけるような綺麗な写真、「この写真は何?」とある種の引っかかりを作り、話題にしたくなるユニークな画像など、テイストはページよってさまざまですが、投稿画像は企業Facebookページの要だといえます。

 

画像の中身、質にこだわりたいのはもちろんですが、どんな画像でも共通して気をつけたいのがその「サイズ」。
通常の投稿画像はPC上のタイムラインでは、403ピクセルx403ピクセル、ニュースフィード上では320ピクセルx320ピクセルの正方形で表示されます。
正方形でない画像もアップする際に自動的にリサイズ、トリミングがされるので、写真などを用意する際は、アピールしたいものが画像中心の正方形に収まるよう意識するとよいでしょう。

 

また、規程サイズぴったりやそれ以下の解像度のものだと、アップロードの際の自動変換処理により画質が劣化して荒れて見えやすくなります。
より高解像度のものを準備するのが好ましいです。

 

ちなみにフォーマットは.jpg、.bmp、.png、.gifファイルで、容量が5MB以内のものの使用が推奨されています。
参照:

 

そのほか、後述するリンク投稿の仕様変更をのぞき、2013年1月時点でSMMLabが確認した表示サイズ一覧がこちらにまとめてありますのでご参照ください。

 

 

リンク投稿のサムネイル表示サイズの変更
2013年9月より、リンク投稿(外部WebサイトのURLをシェアする形での投稿)の際に表示されるサムネイル表示の仕様が変更になり、以前より大きくなりました。

 

PCであれば以前はこのように小さなサイズのほぼ正方形の中にリンク先のトップやメインに配置されている画像が表示されていました。

 

<変更前>
(PCタイムライン上)             (PCニュースフィード上)

 

 

 

 

 

 

 

<変更後>

(PCタイムライン)

このように横の枠いっぱいにリンク先のトップ画像が出るようになりました。

 

サムネイルの画像部分のサイズはPCタイムライン上で

横378ピクセルx縦198ピクセル

 

ニュースフィード上ではもう少し大きく

400ピクセルx209ピクセルになりました。

 

追記:縦長の写真など、場合によっては以前と同じ90ピクセルx90ピクセルで表示されるようです。

 

 

(スマートフォンニュースフィード)

スマートフォンのニュースフィードでも同様に横長に大きく表示がされています。

 

変更後のサムネイル表示のアスペクト比はすべて

横:縦=1.91 : 1

 

通常の投稿とは逆に、ここで表示される画像を正方形に収めようとしてしまうと、上下の部分がトリミングされてしまいますので留意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

※リンク先のサムネイル表示を最適化するにはOGPの設定が必要なので注意してください。

参考:【保存版】やるとやらないでは大違い!Facebookいいね!ボタンを最適化する「OGP」設定方法まとめ

http://smmlab.jp/?p=13024

 

細かい部分のようですが、この表示が最適化されることでユーザーの関心やクリック率が上がり、リンク先(たとえばキャンペーンサイトや自社ECサイト)に誘導しやすくなる可能性が高くなります。

 

仕様変更が多く、表示サイズなどを逐一気にしながら運用するのは大変かもしれません…。

ですが、Facebookはトライ&エラーでファンの反応が一番よいものを探っていくことができるのが魅力のひとつです。

投稿時の写真やリンク先の画像も、色々なパターンを試しながらベストなものを見つけてみてください!

 

■関連記事

・【保存版/Infographics】Facebookページ タイムライン&ニュースフィード 表示サイズ集(PC&モバイル)

http://smmlab.jp/?p=16961

・【ファンのアクションを生む】Facebookページ投稿での”もうひと押し!”を手助けする超簡単な4つの方法☆

http://smmlab.jp/?p=23709

・【Facebook投稿のコツ:画像編】撮り方や見せ方をひと工夫!アイデア次第で記憶に残る★画像投稿が上手いFacebookページ事例4選

http://smmlab.jp/?p=21496

 

 

====================================================

イラスト:速瀬 みさき

1993年よりホラー誌デビュー。漫画家として活動しながら
エッセイ、イラスト、デザインなども手掛け、
現在は自身のFacebookページも運用中!

公式サイト : http://www.nanacom.com/

Facebookページ : http://www.facebook.com/hayase.m

テキスト執筆:ソーシャルメディアマーケティングラボ

=====================================================

[ayumikeywords_bnr_under]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • Facebookマーケの基礎を知りたい!
  • Facebook運用のヒントが欲しい!
  • 他社のFacebook運用事例が知りたい!
  • キャンペーン事例が知りたい!

Facebook広告ノウハウ特集

ソーシャルメディアキャンペーンモニプラならなんでもできます

エンゲージメントから『成果』を生み出すモニプラ SNSプロモーション総合支援プラットフォーム

あわせて読みたい関連記事

おすすめの関連記事

人気記事

最新記事

カテゴリー

月別記事一覧



▲ PAGE TOP

ソーシャルメディアマーケティングラボとは

ソーシャルメディアマーケティングラボでは、Facebookを中心に、ソーシャルメディアマーケティングに関する国内外のニュースや、弊社が実際に手がけた事例の具体的なデータ・運用のヒント、業界のオピニオンリーダーや企業マーケターへのインタビューなどをご紹介します。

運営元

アライドアーキテクツ株式会社

ソーシャルネットの力をすべての人と企業に。
ひとりひとりが個性をいかして輝いた人生を送る。
そんな世界の実現に貢献します。
アライドアーキテクツ株式会社

Copyright © 2011-2015 Allied Architects, Inc. All Rights Reserved.
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.