SMMLab ソーシャルメディアマーケティングラボ

SMMLabはアライドアーキテクツが運営するSNSマーケティングに関する情報に特化したメディアです

  • follow us in feedly

(001)Facebook >Facebookでもハッシュタグを上手く使いたい!成功するFacebookページ運用のために知っておきたい関連知識

Facebookでもハッシュタグを上手く使いたい!成功するFacebookページ運用のために知っておきたい関連知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日: 2013年9月26日

今年6月に導入されたFacebookのハッシュタグ、あなたは活用していますか?あまり見かけないけど、Facebookページで使うメリットってあるの?どうやって使えばいいの? Facebookページの担当になった新人マーケターのあゆみちゃんと一緒に「ハッシュタグ」について一緒におさらいしましょう♪

 

 

Facebookでもハッシュタグを上手く使いたい!成功するFacebookページ運用のために知っておきたい関連知識

 

 

ハッシュタグとは?

 

「ハッシュタグ」とは、半角シャープ記号+キーワード(日本語可)「#****」で構成されたタグのことで、クリックすると同じハッシュタグが付けられたコンテンツをまとめて表示する機能のことです。TwitterやTumblr、Instagram、Google+、Pinterestなどでもおなじみの機能で、これらのサービスから転載されたハッシュタグもクリックできるようになりました。(ただし、クリックして見ることが出来るのはFacebook上でそのタグに該当するコンテンツのみです。)

 

その他、検索窓から検索することが出来、ハッシュタグのついたコンテンツを表示するオーバーレイウィンドウ(ハッシュタグフィード)から新しいコンテンツを投稿することも出来ます。

 

Facebookのハッシュタグフィード

 

 

ただし、ハッシュタグ付きの投稿にも通常の共有範囲設定が適用されるため、公開範囲を友達のみに設定している投稿にハッシュタグを付けた場合、ハッシュタグ検索をしてもその投稿を読めるのは友達のみとなります。

 

 

 

Facebookページでのハッシュタグ活用のポイント

 

1. 新たな繋がりが生まれるチャンスがある

 

Facebookでは投稿を検索することが出来ないので、ハッシュタグ検索は自分の興味のある話題に関する投稿をまとめて見るのにとても便利です。今はまだあまり浸透していませんが、この便利さにユーザーが気付き始めれば、ハッシュタグは「興味・関心」によって新たな繋がりを産み出すきっかけになるでしょう。

つまり、今までは繋がっている友達やファンとしか会話が出来なかったFacebookでも、ハッシュタグの話題を通じて新たな交流が生まれる可能性が出てきたということです。

Facebookページにとっては、ファンになってくれそうなユーザーが興味のありそうなハッシュタグを利用して投稿することで、ページの存在を知ってもらうことが出来るかもしれません。今まで「いいね!」や「シェア」の拡散ではリーチ出来なかったユーザーにも、ハッシュタグを付けることでアプローチできるチャンスなのです。

例えば、Facebookページで富士山の世界遺産登録や2020年の東京オリンピック招致決定などのようなタイムリーなニュースに関連して投稿する時、そのトピックに使われているハッシュタグを利用すると、上手く話題に乗ることが出来るでしょう。

残念ながら、今のところまだFacebookでどんなハッシュタグが流行っているかを見ることはできませんが、「トレンドトピック」機能は近いうちにリリースされる予定だそうですので、まずはTwitterで人気のあるハッシュタグを参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

2. Facebookページの投稿を分類・集約出来る

 

ハッシュタグを利用すれば、コンテンツを「分類」「集約」することが出来るので、Facebookページの投稿に利用することで、話題毎に検索しやすくしたり、まとめたりすることが出来ます。

話題、商品・ブランド、担当者・支店などそれぞれにハッシュタグを利用すれば、過去の投稿を分類することが出来ますし、支店ごとやブランドごとにFacebookページが分かれている場合でも、同じハッシュタグを利用することによって投稿を集約することが出来ます。

ただしTwitterなどと同じく、ハッシュタグは誰でも自由に作ることが出来るため、キーワードの使用は早い者勝ち。一般的な名詞などを独占的に使用することは出来ません。自社の商品・サービス名をハッシュタグとして利用する場合には注意が必要です。

 

 

3. キャンペーンやイベントをソーシャルメディア共通の話題に出来る

 

Facebookの他にTwitter、Tumblr、Instagram、Google+、Pinterestでも同じようにハッシュタグが利用できます(Pinterestは日本語未対応)ので、キャンペーンやイベントの際に独自のハッシュタグを設定して、ソーシャルメディアを横断した「話題」作りに取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

 

4. グラフ検索が導入された際に検索結果に影響が出るかも

 

ハッシュタグをつけるという行為は「いいね!」よりも強い関心を表す表現ですので、グラフ検索が導入された際に検索結果に影響するのではと予想されています。ただし、過去の投稿にハッシュタグを追加することは出来ないので、今から利用しておいたほうが良いと思います。

※参考
Facebook Adds Twitter-Style Hashtags in Eventual Bid for Real-Time Marketing Dollars
http://adage.com/article/digital/facebook-adds-twitter-style-hashtags-user-timelines/242059/

 

 

5. ハッシュタグを使った広告を導入されるかも

 

Twitterではハッシュタグを利用した広告商品「プロモトレンド」がかなり効果がある(米Twitter社の大きな収入源でもある)と言われていますので、今後Facebookでも同じようにハッシュタグを利用した広告が登場するはずですし、興味・関心にマッチした広告配信が出来るという点で効果が期待されます。

 

 

みんなが使っているハッシュタグで共通の話題に乗る、独自のハッシュタグで投稿を分類・集積する、共通のハッシュタグでソーシャルメディアを連携させる。この3つの使い方を基本に、Facebookページでのハッシュタグ活用を考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

■参考記事

・超重要!Facebookページのリーチを最大化させるために意識するべき5つのポイント
http://smmlab.jp/?p=8391

・「インタレストグラフ」とは?~今さら人に聞けないマーケティング用語をおさらい!
http://smmlab.jp/?p=17472

・ソーシャルメディアでファンを集めた次に、取り組むべきこととは?【セミナーレポート】
http://smmlab.jp/?p=16750

・3つのキーワードから考える!2013年のソーシャルメディアマーケティング展望
http://smmlab.jp/?p=16475

・多様化するソーシャルメディアを使いこなす!(前編)
~ブログ、Twitter、Facebook、mixi、Google+の違いを5つの観点から整理する
http://smmlab.jp/?p=3903

 

 

====================================================

イラスト:速瀬 みさき

1993年よりホラー誌デビュー。漫画家として活動しながら
エッセイ、イラスト、デザインなども手掛け、
現在は自身のFacebookページも運用中!

公式サイト : http://www.nanacom.com/

Facebookページ : http://www.facebook.com/hayase.m

テキスト執筆:ソーシャルメディアマーケティングラボ

=====================================================

[ayumikeywords_bnr_under]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • Facebookマーケの基礎を知りたい!
  • Facebook運用のヒントが欲しい!
  • 他社のFacebook運用事例が知りたい!
  • キャンペーン事例が知りたい!

Facebook広告ノウハウ特集

FacebookユーザーのSNS利用実態調査

エンゲージメントから『成果』を生み出すモニプラ SNSプロモーション総合支援プラットフォーム

あわせて読みたい関連記事

おすすめの関連記事

人気記事

最新記事

カテゴリー

月別記事一覧



▲ PAGE TOP

ソーシャルメディアマーケティングラボとは

ソーシャルメディアマーケティングラボでは、Facebookを中心に、ソーシャルメディアマーケティングに関する国内外のニュースや、弊社が実際に手がけた事例の具体的なデータ・運用のヒント、業界のオピニオンリーダーや企業マーケターへのインタビューなどをご紹介します。

運営元

アライドアーキテクツ株式会社

ソーシャルネットの力をすべての人と企業に。
ひとりひとりが個性をいかして輝いた人生を送る。
そんな世界の実現に貢献します。
アライドアーキテクツ株式会社

Copyright © 2011-2015 Allied Architects, Inc. All Rights Reserved.
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.