SMMLab ソーシャルメディアマーケティングラボ

SMMLabはアライドアーキテクツが運営するソーシャルメディアマーケティングに関する情報に特化したメディアです

  • follow us in feedly

(001)Facebook >Facebook都道府県別ユーザー数調査2014年5月版~広告出稿、O2O& キャンペーン設計の参考に

Facebook都道府県別ユーザー数調査2014年5月版~広告出稿、O2O& キャンペーン設計の参考に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日: 2014年5月22日

日本でのユーザー数が2200万人を超え、都市部ではかなり一般的に普及してきたように思われるFacebookですが、地方での普及率はどうなっているのでしょう?都道府県別のユーザー数とおおよその普及率をまとめてみました。

 

 

Facebook都道府県別ユーザー数調査

 

 

こんにちは、SMMLabの藤田です。

 

先日公開した「5大ソーシャルメディアのユーザー数まとめ!Facebook、Twitter、LINE、Google+、YouTube」に大変多くの反響をいただいたのですが、その中で「Facebookは地方でどのくらいつかわれているのか?」というご質問をいただきました。

 

そこで今回は、地方での活用も進み、地域限定の施策なども増えてきている今、各都道府県でどのくらいFacebookが使われているのかを調べてみました。

 

まずは、法定人口、10歳以上推定ネット利用者数、Facebook利用者数が比較できるようにグラフにまとめました。

 

 

■都道府県別Facebook利用者数グラフ

 

都道府県別Facebook利用者数グラフ

※以下、画像はすべてクリックすると拡大表示出来ます

 

●各調査データの概要

 

・Facebook利用者数
=2014年5月20日時点におけるFacebook広告配信管理画面の地域限定での推定リーチ数
※2013年6月よりFacebookの広告ツールによる推定リーチ数が概数表示となっています。

 

参考:Facebookではどのようにしてターゲット設定した場所にいる人を特定いるか?

人の位置は、その人物が自分のタイムラインで表明し、IP (インターネットプロトコル)アドレスで検証された場所となります。 Facebookでは、人が表明した位置情報が正確かどうかをその人の友達の位置情報からも追加検証します

Facebook ヘルプセンター
https://www.facebook.com/help/133609753380850

 

・法定人口
5年に1度行われる国勢調査による数字。今回は2010年調べのもの。

 

・住民基本台帳による人口数
Facebookの利用が13歳以上のため、10歳以下を排除

 

・インターネット人口普及率
総務省発表の平成25年版情報通信白書による2013年末の数値

 

・10歳以上推定ネット利用者数
住民基本台帳による10歳以上人口からインターネット人口普及率を用いて計算

 

 

(1)法定人口順データ

 

法定人口順データ

 

 

(2)Facebook利用者数順データ

 

Facebook利用者数順データ

 

 

(3)推定ネット人口比Facebook利用率順データ

推定ネット人口比Facebook利用率順データ

 

 

概況ポイント

 

Facebook利用者数 TOP10

 

1  東京都    3,800,000
2  神奈川県   1,760,000
3  大阪府    1,740,000
4  愛知県    1,240,000
5  千葉県    1,120,000
6  福岡県    980,000
7  兵庫県    900,000
8  北海道    840,000
9  埼玉県    820,000
10  静岡県    580,000

 

・関東、東海、関西エリアと福岡、北海道でFacebook利用者が多い

 

 

2013年末インターネット人口普及率 TOP10

 

1 東京都    87.3%
2 神奈川県   87%
3 大阪府    82.1%
4 滋賀県    81.7%
5 広島県    81.1%
6 千葉県    81%
7 福岡県    80.7%
8 愛知県    80.5%
9 奈良県    80.2%
10 埼玉県    80%

 

・滋賀、広島、奈良のインターネット人口普及率が意外と高い
・東北、九州、四国のインターネット人口普及率が低い

 

 

推定ネット人口比Facebook利用率 TOP10

 

1 東京都    37.2%
2 京都府    29.5%
3 沖縄県    29.1%
4 長崎県    27.4%
5 大阪府    26.7%
6 福岡県    26.5%
7 神奈川県   24.9%
8 千葉県    24.6%
9 鹿児島県   24.3%
10 宮崎県    24.0%

 

・1位の東京ではネット利用者の3人に1人がFacebookを利用している
・人口、ネット普及率から見ると沖縄のFacebook利用率が傑出して高い
・一方、茨城、埼玉はインターネット利用は進んでおり、Facebook利用者数も多いながら、比率でみると意外と低い
・東北はインターネット人口普及率、Facebook利用者数、Facebook利用率すべてで低め

 

 

いかがでしたでしょうか?今回の調査では、日本全体での10歳以上のインターネット利用者におけるFacebook利用率は23.8%となり、インターネットを利用する人の4人に1人がFacebookを利用していることがわかりました。

今回10歳以上のインターネット利用者数とFacebook利用者数を合わせてみることで、意外と使われている、使われていないといった、各都道府県でのFacebook利用の状況がより詳しく見えたのではないでしょうか。

O2Oに限らずネットとリアルを上手く連携させる必要がある施策においては、当該エリアでのFacebook利用がどのくらい進んでいるかを考慮に入れておく必要があるかと思いますので、ぜひご参考ください。

※ただし、この調査はFacebookの広告配信のためのデータを参考にしていますので、広告配信の推定リーチ数算出方法による概算であることをご了承ください。

 

 


Facebookページの立ち上げ・運用・コンサルティングから、競合調査やインサイトレポートの分析まで、ソーシャルメディアのビジネス活用を幅広くご支援しています。
ぜひお気軽にご相談ください!お問い合わせはこちらから
https://www.aainc.co.jp/service/facebook/contact/

 


 

■関連記事

・5大ソーシャルメディアのユーザー数まとめ!Facebook、Twitter、LINE、Google+、YouTube
http://smmlab.jp/?p=31870

・【人気動画最新版】Socialnomics2014で知っておくべき10のデータ
http://smmlab.jp/?p=31654

・Facebookの現状を示す18のデータ【ad:tech東京2013レポート:番外編】
http://smmlab.jp/?p=25883

SNSマーケティング活用でお困りなことはありませんか?無料相談はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • Facebookマーケの基礎を知りたい!
  • Facebook運用のヒントが欲しい!
  • 他社のFacebook運用事例が知りたい!
  • キャンペーン事例が知りたい!

Facebook広告ノウハウ特集

FacebookユーザーのSNS利用実態調査

エンゲージメントから『成果』を生み出すモニプラ SNSプロモーション総合支援プラットフォーム

あわせて読みたい関連記事

オススメの関連記事

人気記事

最新記事

カテゴリー

月別記事一覧



▲ PAGE TOP

ソーシャルメディアマーケティングラボとは

ソーシャルメディアマーケティングラボでは、Facebookを中心に、ソーシャルメディアマーケティングに関する国内外のニュースや、弊社が実際に手がけた事例の具体的なデータ・運用のヒント、業界のオピニオンリーダーや企業マーケターへのインタビューなどをご紹介します。

運営元

アライドアーキテクツ株式会社

ソーシャルネットの力をすべての人と企業に。
ひとりひとりが個性をいかして輝いた人生を送る。
そんな世界の実現に貢献します。
アライドアーキテクツ株式会社

Copyright © 2011-2015 Allied Architects, Inc. All Rights Reserved.
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.