SMMLab ソーシャルメディアマーケティングラボ

SMMLabはアライドアーキテクツが運営するSNSマーケティングに関する情報に特化したメディアです

  • follow us in feedly

(008)用語解説 >CTAとは?~今知っておきたい!要注目のマーケティング・キーワード~

CTAとは?~今知っておきたい!要注目のマーケティング・キーワード~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿日: 2014年11月6日

「CTA」って何?なんとなく分かっているつもりの基本的なマーケティング用語を、SMMLabがやさしく解説します!

 

CTAとは?~今知っておきたい!要注目のマーケティング・キーワード~

あゆみ プロフィール

 

 

用語説明:【CTA(Call To Actionの略=行動喚起)】

 

Webサイトの訪問者にとってもらいたい具体的な行動に誘導すること。もしくは、次の行動を喚起するイメージやテキストのこと。ボタンやバナーで表示される事が多い。

 

サイトやページの目的を完遂(CV=コンバージョン)させるための行動を喚起するレスポンスデバイス(反応装置)として、CVRを大きく左右する重要要素。
 

解説

 

訪問者の知識や購買意欲のレベルに合わせたCTAを

 

CTAはサイト訪問者を目的のゴールに導くための行動を促す、いわば道案内のようなものです。

提示されたアクションを取ることで、自分が必要とする情報を入手出来る、目的を果たすことが出来ることを、ユーザーが納得しつつ先に進めるようにすることが、CTAの本質的な役割になります。

 

ですから「どこをクリックすれば次に進めるのか」を明確にするデザイン(色・場所・大きさ)だけにこだわるのではなく、「なぜクリックする必要があるのか」という、案内される場所に行きたくなる気持ちを醸成した上で、行動を喚起するという全体設計が重要です。

そのためにはまず、そのCTAによるユーザーベネフィットが何かを明確にする必要があります。検索エンジン経由の訪問者が多いページなら、訪問者の目的がはっきりしている場合が多いですが、ソーシャルメディア経由などでまだ興味・関心が曖昧な訪問者に、いきなり購入や申し込みを促してもあまり効果はないでしょう。

 

提供しているコンテンツがターゲットとするペルソナの知識レベルや、カスタマージャーニー上で重要なタッチポイントに必要なユーザー体験に合わせた「次の行き先」を、段階的に案内するように考えてみてください。

参考記事:
「オウンドメディアのソーシャル化」のために考えておくべき3つのこと
http://smmlab.jp/?p=18695

 

 

Facebookからウェブサイトへ。参照トラフィックのためのCTAとは?

 

ボストンのソーシャルメディア調査会社Shareaholicは先日、ソーシャルメディア経由のウェブサイトへのトラフィックでは、Facebookが圧倒的に1位だという調査結果を発表しました。

参照:
ソーシャルメディアからのトラフィックでFacebookが断然トップ
―TwitterはPinterestに次いで3位
http://jp.techcrunch.com/2014/10/28/20141027facebook-keeps-top-spot-for-social-referrals-twitter-drops-further-behind-pinterest/

 

インターネット上のトラフィックの多くが、検索エンジンよりもソーシャルメディアに集まりつつある今、FacebookページでのCTAとして、カバー画像内とニュースフィード内の広告に表示されるボタンに工夫が必要でしょう。

 

2013年3月のFacebookページに関する利用規約改定で、カバー画像に『価格・購入情報や、連絡先情報、ユーザーのアクションを促す文言を記載してはならない』という条文が削除されました。(その後7月にカバー画像内テキストの20%制限も解除)そのため現在はカバー画像に、以下のような(それまで禁止されていた)CTAを記載することが可能です。

i. 「40%オフ」や「ホームページからダウンロード」などの価格または購入情報
ii. ウェブサイトのアドレス、メール、住所などの連絡先情報や、[基本データ]セクションに記載すべき情報
iii. 「いいね!」や「シェア」などのFacebookの機能やアクションの言及、またはこうした機能を指す矢印
iv. 「今すぐ購入」や「友達に教えよう」といったアクションを促す表現

参考記事:
【要チェック!】ユーザー体験が大きく変わる?!Facebook 3つのアップデート(ニュースフィード刷新/広告テキスト20%以下ルール/グラフ検索)と企業への影響(2013/3/27追記)
http://smmlab.jp/?p=18094

 

また、外部サイトへ誘導するFacebook広告では、「購入する」「予約する」「詳しくはこちら」「登録する」「ダウンロード」という5種類のCTAボタンを設定することが出来ます。また、Power Editorを利用すると、CTAボタンを埋め込んだページ投稿広告を作成することが出来ます。

 

パワーエディターでポストアドを作成するとCTAボタンが埋め込める

Power Editor
https://www.facebook.com/ads/manage/powereditor/

 

参考:
facebook for business「広告でのアクションを喚起」
https://www.facebook.com/business/a/online-sales/calls-to-actions

Facebook広告ガイド
https://www.facebook.com/business/ads-guide/

 

Facebookページでのコミュニケーションで興味・関心を醸成したユーザーを、上手くウェブサイトに誘導することは、ソーシャルメディアとオウンドメディアの連携といった観点でも、今後ますます重要になると考えられます。そのためにはFacebookページのファンを観察・分析し、その心理状態を把握して、CTAを考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

====================================================

イラスト:速瀬 みさき

1993年よりホラー誌デビュー。漫画家として活動しながらエッセイ、イラスト、
デザインなども手掛ける。近著コミックスは、メイド喫茶にバイトで潜入取材漫画。
広告代理店勤務の夫を持ちながらも、マーケティングなにそれ?状態で執筆中!

公式サイト : http://www.nanacom.com/

Facebookページ : http://www.facebook.com/hayase.mi

用語解説:ソーシャルメディアマーケティングラボ

====================================================

 

■関連記事

・自社サイトをFacebookと連携!
成功するFacebookページ運用のために知っておきたい関連知識
http://smmlab.jp/?p=27995

・「オウンドメディアのソーシャル化」のために考えておくべき3つのこと
http://smmlab.jp/?p=18695

・「ペルソナ」とは?~今さら人に聞けないマーケティング用語をおさらい!
http://smmlab.jp/?p=20107

・「カスタマージャーニー」とは?〜今知っておきたい!要注目のマーケティング・キーワード〜
http://smmlab.jp/?p=28511

・「LPO」とは?〜今さら人に聞けないマーケティング用語をおさらい!
http://smmlab.jp/?p=10773

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • Facebookマーケの基礎を知りたい!
  • Facebook運用のヒントが欲しい!
  • 他社のFacebook運用事例が知りたい!
  • キャンペーン事例が知りたい!

Facebook広告ノウハウ特集

FacebookユーザーのSNS利用実態調査

エンゲージメントから『成果』を生み出すモニプラ SNSプロモーション総合支援プラットフォーム

あわせて読みたい関連記事

おすすめの関連記事

人気記事

最新記事

カテゴリー

月別記事一覧



▲ PAGE TOP

ソーシャルメディアマーケティングラボとは

ソーシャルメディアマーケティングラボでは、Facebookを中心に、ソーシャルメディアマーケティングに関する国内外のニュースや、弊社が実際に手がけた事例の具体的なデータ・運用のヒント、業界のオピニオンリーダーや企業マーケターへのインタビューなどをご紹介します。

運営元

アライドアーキテクツ株式会社

ソーシャルネットの力をすべての人と企業に。
ひとりひとりが個性をいかして輝いた人生を送る。
そんな世界の実現に貢献します。
アライドアーキテクツ株式会社

Copyright © 2011-2015 Allied Architects, Inc. All Rights Reserved.
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.