Instagramのビジネスアカウントとは‐ogp

企業がInstagramの公式アカウント運用を行う際、踏むべき手順の一つが「プロアカウント」への切り替えです。
今回はそんなプロアカウントについて、概要やメリット、その切り替え方法を簡潔にご説明します!

Instagramのプロアカウントとは?

Instagramには無料で利用できる「ビジネス」「クリエイター」という2つのプロアカウントが存在します。一般アカウントのまま企業がInstagramアカウント運用を行うことも可能ですが、プロアカウントに切り替えることによって、一般アカウントでは利用することのできない様々な機能を利用することができます。

またプロアカウントのなかでも「クリエイター」と「ビジネス」ではできることが異なりますので、企業がプロアカウントを利用する場合は「ビジネス」を利用するようにしましょう。

ビジネスアカウントでできること

続いて、プロアカウントのビジネスアカウントへ切り替えた際にできるようになる機能についてご紹介します。

①ビジネスプロフィールの利用

Instagramのプロアカウントでは、通常のプロフィールの他に「ビジネスプロフィール」を追加することができます。
追加できるのは以下の2つです。

  • 連絡先オプション:電話番号や住所、メールアドレス
  • アクションボタン:「予約する」「席を予約する」「料理を注文する」を選択可能

連絡先情報が記入されているアカウントのプロフィールには「問い合わせ」ボタンを表示させることができるため、商品やサービスについて興味をもったユーザーをInstagramからダイレクトに送客することができます。

また、Instagramと提携している外部ツールと連携することで予約やデリバリーの注文を促す機能も提供されています。
新型コロナウイルス感染症のパンデミック以降、Instagramでは中小規模のビジネス支援に特に力をいれており、今後も提携する外部サービスや、機能を利用できる業種の拡大が期待されます。

②Instagramインサイトの利用

アカウント運用を効果的に行うためには、アカウントの投稿やフォロー状況などそのパフォーマンスを日々分析していくことが重要です。プロアカウントに切り替えると、Instagramが提供する無料の分析ツールである「インサイト」を利用することができます。

Instagramのインサイトでは「アクティビティ」「コンテンツ」「オーディエンス」の3種類について分析データの確認が可能。それぞれ見ることができるデータは以下の通りです。

【アクティビティ】
プロフィールやウェブサイトへのアクセスなどアカウントに対してユーザーが行ったアクションの数である「アカウントでのアクションの実行数」と、コンテンツ(フィード投稿、ストーリーズ、Instagram動画、リール、Instagramライブ)が「リーチしたアカウント数」の確認が可能。

【コンテンツ】
コンテンツ(フィード投稿、ストーリーズ、Instagram動画、リール、Instagramライブ)ごとの「いいね数」「コメント数」「シェア数」「保存数」から、コンテンツ経由での「プロフィールのアクセス数」やコンテンツの「リーチ数」などの確認が可能。

【オーディエンス】
自分のアカウントのフォロワーに関する数値を確認することができるもの。一定期間について「フォロワーの増加数」やフォロワーの「年齢層」「性別」、フォロワーが「アクティブな時間帯」などのデータを確認できる。
※ただし、オーディエンスのインサイトはフォロワー数が100人以上のアカウントに限る。

③投稿の宣伝

プロアカウントにすると、Instagram広告の出稿がより簡単にできるようになります。
Instagram広告はInstagramアカウントを持たなくても、Facebookビジネスマネージャーから出稿することも可能です。しかし、Instagramのプロアカウントにしていれば、Instagramアプリから簡単に投稿に広告をかけることが可能なのです。

Instagram‐宣伝
投稿の右下にある「宣伝」ボタンを選び、「広告の目的」「オーディエンス」「予算」の設定を行えば、簡単に広告を出稿することができる。

④Instagramショップ機能の利用

プロアカウントに切り替えると、Instagramのショップ機能を利用することが可能になります。
ショップ機能とは、Instagramのフィードやストーリーズ、リールなどの投稿に「ショッピングタグ」をつけることができる機能です。このショッピングタグが付与された投稿をタップすると、商品の詳細やECへダイレクトにさせることができ、スムーズな導線で商品購入などのコンバージョンに繋がりやすいというメリットがあります。

トンボ鉛筆(@tombowpencil)ではリール動画にショッピングタグをつけてアカウントを運用。商品をつかって可愛いイラストが簡単に出来上がっていく様をショート動画にし、ユーザーの目をひくクリエイティブとなっている。

Instagramのショピング機能の詳しい内容はこちらの記事もご参考ください!
【InstagramでEC売上をアップ!】ショッピング機能を効率的に活用するための5つのポイント

⑤カテゴリラベル表示

プロフィール写真のしたに、ビジネスのカテゴリを表示させることができます。ビジネスのカテゴリは「イベントソース」から「ローカルビジネス」「ブランド・製品」「スポーツ」「音楽&雑誌」などのメインカテゴリがあり、そこから細分化されたサブカテゴリの数多あるビジネスタイプから最適なものを選ぶことができます。

⑥ダイレクトメッセージの整理・管理

届いたメッセージを「メイン」と「一般」の2つのタブに別れた受信箱で整理、管理することができます。また、フィルターツールを使えばメッセージを「未読」または「フラグ」で分けることができ、返信ができていない未読だけのルールを検索するといったことも可能。優先的に対応すべきものとそうではないものなどを分けて管理できるため、コミュニケーションがより効率的になります。

このように、たくさんのメリットがあるInstagramのプロアカウントですが、プロアカウントにする場合は、アカウントを「非公開」の状態にすることはできませんので、必ず「公開アカウント」にしてから切替えを行ってください。また、プロアカウントはいつでも個人用アカウントに戻すことが可能ですが、その場合今までのインサイトデータが初期化されてしまいますので注意が必要です。

Instagramビジネスアカウントへの切り替え方法

Instagramのプロアカウントへは、アプリから簡単に切り替えることができます。
手順は以下の通りです。

① Instagramプロフィール画面の右上のメニューから設定を開く
②「アカウント」を選択
③「プロアカウントに切り替える」を選択

Instagram‐プロアカウントへ切り替え1

④ アカウントのビジネスカテゴリを選ぶ
⑤ ビジネスを選択
⑥ 連絡先情報を追加

Instagram‐プロアカウントへ切り替え2

⑦ FacebookページとInstagramアカウントをリンク(リンクは任意)
⑧ Facebookページがない場合は作成することもできる
⑨ その他プロフィール情報の入力

Instagram‐プロアカウントへ切り替え3

いかがでしたか?今回はInstagramプロアカウントの「ビジネス」についてご説明してきました。ぜひ今後のInstagram活用にお役立てください!